すき家の支払い方法まとめ(お得の3重取り)

すき家の支払い すき家のクーポン

すき家にはお得な様々な支払い方法があります。なんと支払い方法によってはお得の3重取りも可能。最大で

今回はすき家の支払い方法についてまとめます。

すき家ではお得の3重取りができるのでしっかりとチェックしてお得を逃さないようにしてください。

それではすき家のお得な支払い方法を少しずつ下がって確認ください。


スポンサーリンク

すき家の支払い方法全般

すき家の支払い方法全般を以下の表にまとめました。まずはいろいろな支払い方法があるということを覚えておきましょう。

支払い方法 概要
電子マネー 電子マネーはいろいろ使える

  • 楽天Edy
  • iDQUICPay
  • アップルペイ
  • 交通系電子マネー
  • 独自の電子マネー
  • その他
クレジットカード クレジットカードもいろいろ使える

  • VISA
  • JCB
  • MASTER
  • その他
QRコード QRコードもいろいろ使える

  • LINE Pay
  • PayPay
  • メルペイ
  • au PAY
  • Alipay
  • WeChat Pay /
商品券
ギフトカード
株主優待券
使える商品券は少ない

  • 楽券
  • ゼンショー株主優待券
ポイントカード ポイントカードはいろいろ使える

  • 楽天ポイント
  • dポイント
  • Pontaポイント

(いずれか1つのみ選べる)

クーポン クーポンはメルマガ会員クーポンが基本

  • クーポンはメルマガ会員に配信される
  • その他、QRコード会社から配信されることも
その他 スキパスを毎月発売。利用頻度が高い人はお得
(参考:スキパスについて

すき家の支払い方法いろいろ

どの支払い方法が一番お得なのか?次の項目で詳細に解説します。

 

すき家の電子マネー支払いについて

すき家の支払い電子マネー

すき家では電子マネー利用可能。楽天Edy、iD、交通系などメインどころ全てOK。

かざすのみで支払いが完了するのですき家の支払い方法の中では電子マネー支払いが一番楽でスムーズかも。

ただしお得度で言えば何とも言えない。

電子マネー会社によってはチャージでポイントが貯まるところもあり上手に使って0.5~1%程度の還元といったところでしょう。

 

クレジットカード

クレジットカードはカードの種類によって多少、支払い方法が変わりますが基本的に店員さんの誘導に従えばOKです。「クレジットカード使います」と言えば店員さんがその利用方法を指示してくれます。

VISA、JCB、MASTERといったメインどころが利用できるので便利。

クレジットカード会社にもよりますが0.5~2%程度のお得。

 

QRコード支払い

すき家の支払い電子マネーQRコード

QRコード支払いは上の写真の端末を使うのかと思いきや店員さんがコードリーダーを出してきて読み取りました(Lineペイ)。あれは何のために、、、?

QRコード会社の種類によって異なるのかもしれませんがちょっとびっくりするかもしれませんね。

QRコード支払いについては各QRコード会社がキャンペーンをやっていることも多いのでそれを比較して一番良いところを使うといいでしょう。

キャンペーンやっていない場合は0.5%程度の還元ですがキャンペーンが一番多いので注目です。

 

商品券、ギフトカード、株主優待券

商品券、ギフトカードは基本的に使えません。ただし株主優待券は使えます。

 

楽券

すき家において商品券、ギフト券の分類では楽券が使えるのですが利用するのはちょっと面倒。楽天ポイントを楽券に変換する必要があります。

以前は楽天ポイントをすき家で使うことができず、間接的にも使える便利に感じていたのですが今は楽天ポイントをそのまま使えます。現状では楽券のすき家での使い道が無くなっている状況。

 

株主優待券

すき家はゼンショーグループ。ゼンショーの株主優待券が利用可能です。

私の近くの金券ショップなどでは500円の株主優待券を480円で発売していることもありました。その場合は最大で20円のお得になります)。

購入するショップにもよりますが最大で4%程度のお得。単純に数字だけ見ると株主優待券の利用が一番お得に見えます。

ただしお釣りはでないので注意(差額を他の方法で支払う)。有効期限もあります。お得だと思って購入しても使わなかったら大損です。

 

ポイントカード

すき家のポイントカードは2019年に使えるようになってあれよあれよと楽天ポイントカード、dポイントカード、pontaポイントカードと3種類が使えるようになりました(いずれか1枚のみ利用可能)

牛丼屋に限らず各種チェーン店の中でもトップクラスに利便性が高い。

ポイントカードは支払い前に提示する必要があるのでお忘れなく。

200円につき1ポイント貯まるので0.5%の還元率になります。

支払いとは別途ポイントが貯まるのでポイントカードを併用すればお得の2重取りが可能です。

先の株主優待券の利用の場合は株主優待券支払い分はポイントの対象にならないのでその点は注意。

 

すき家のクーポンの利用でお得の3重取りも可能

すき家のクーポンうなぎ・海鮮商品50円引き2

すき家では毎週金曜日にメルマガでクーポンを配信。

特定商品になりますが50円引きになることが多いです(過去にはで70円引きもあった)。

クーポンの入手方法や最新クーポン情報については以下のリンク先でまとめているので参考にしてください。

(参考:すき家の最新クーポン

すき家ではクーポンを使って割引し、支払い方法でお得になり、更にポイントカードを使ってお得ということでお得の3重取りが可能になります。

 

スキパス

すき家のすきパス2020年6月

すき家ではスキパス(Sukipass)という定期券を毎月発行しています。

1枚200円で購入すると牛丼、カレー、その他限定品(限定品は使える場合と使えない場合あり)が何度でも70円引きになります。クーポンとの併用は不可なので注意。

注意点は購入した月にしか使えないということで月初の購入がおすすめ。月末に買うとほとんど使う期間がありません。

(参考:スキパスについて

すき家の利用頻度が高い人はこのスキパスがかなりお得ですが利用頻度が低い人は逆に損をすることもあるので注意してください。

 

すき家のお得な支払い方法まとめ

お得な支払い方法の基本パターン(お得の3重取り)

  1. クーポンorスキパスを提示して割引
  2. ポイントカードを提示(いずれか1つ)
  3. クレジットカード、電子マネー、QRコード、優待券+αで支払い

今回はすき家のお得な支払い方法についてまとめました。

1)クーポンもしくはスキパスで値段を安くした後に、2)ポイントカードを提示してポイントを貯めて、3)最後にクレジットカードや電子マネーなどで支払って支払いポイントを貯めるというお得の3重取りが基本パターンになります。

他には株主優待券を使って支払うのもお得。

あと最近ではLineペイクーポンで100円引き(LINEポイントクラブのクーポン)が出ているのでそれで支払うのが一番お得だと思います(2020年9月現在、月1回のみ利用可能)。これならお得の4重取りが可能。

上手にすき家の支払い方法を利用してください。


スポンサーリンク

コメント